さく井・地熱

ドリコのさく井技術

大地の奥深くにひそむ、豊かな資源を探査して地上に採り出し、生命を与えるさく井技術。地質調査井、揚水井、温泉井、地熱蒸気井、天然ガス井、そして観測井と、様々なさく井に関して、数多くの経験と実績を重ねてまいりました。当社では、地質調査から始まり、掘削、循環ろ過設備まで、一貫した設計施工の豊富な実績があります。そのため、井戸のみでなく、付帯する設備や様々な問題に対して、経験と実績にもとづいた適切な提案が可能です。

イメージ

地熱開発、温泉開発、地下水採取・還元、調査観測と、ドリコのさく井技術は幅広い分野で高い評価を得ています。
また、これにより培われた経験を得ています。また、これにより培われた経験と技術は、産業や地域振興など、さまざまな分野に生かされています。

地熱開発

近年、開発が進む「再生可能エネルギー」。その中でも、天候、季節、昼夜によらず安定的な発電が出来ることから注目されているのが地熱発電です。環太平洋火山帯に位置する日本は、大地に眠る豊富な地熱資源に恵まれています。当社は、1953年から九州や、東北、離島など全国にわたり調査井、生産井、還元井等、多種多様の坑井を掘削しており、その数も百数十件以上に及んでおります。また、掘削だけでなく地熱井の改修工事も数多く実施しており、その技術は高く評価されております。


リグ紹介

リグ

N80UEリグ
地上高48m、最大掘削能力3,600m、1000HP

イメージ

リグ

泥水循環ポンプ(9P100)
吐出能力1230L/m 35Mpa


技術紹介

既設の井戸が減衰したため、別のターゲットポイントへ向けて掘削することで、井戸を再生したい、敷地が設営出来る場所と、開発目標の水平距離が離れているなど、さまざまな状況で有効なのが、コントロールドリリング技術です。掘削中に坑井の方位や、傾斜を任意に変更することによって、地中の目的位置へ向けて精度よく掘削することが出来ます。

グラフ


その他主要実績

坑井 掘削深度 場所
地熱井サイドトラック掘削工事 1,500m 九州地区
地熱井サイドトラック掘削工事
地熱井掘削工事 2,100m 九州地区
天然ガス調査井掘削工事
地熱井掘削工事 1,000m 中部地区